Postfix

提供: fukudat.net
移動先: 案内検索

Ubuntu上でMail Transfer Agent (MTA) サービスを postfix で作成する覚書。

Install

$ sudo apt-get install -y postfix

configurator が走るので、

  • メール設定の一般形式 = インターネットサイト
  • システムメール名 = fukudat.net

としておく。

SASL認証のために dovecot (POP3/IMAP サーバー)を入れる。

$ sudo apt-get install -y dovecot-core

でも POP3/IMAP は使わない。

Configure

/etc/postfix にある main.cf を編集して、以下の変更を加える。

mail_owner = postfix
myhostname = fukudat.net
mydomain = fukudat.net
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain, fukudat.com # <- ここに宛先ホスト/ドメインを並べる
local_recipient_maps = unix:passwd.byname $alias_maps
alias_maps = hash:/etc/aliases
smtpd_banner = $myhostname ESMTP
sendmail_path = /usr/sbin/postfix
newaliases_path = /usr/bin/newaliases
mailq_path = /usr/bin/mailq
setgid_group = postdrop
#html_directory =
#manpage_directory =
#sample_directory =
#readme_directory =
message_size_limit = 10485760
mailbox_size_limit = 1073741824
disable_vrfy_command = yes
smtpd_banner = $myhostname ESMTP
smtpd_helo_required = yes
smtpd_sasl_type = dovecot
smtpd_sasl_path = private/auth
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_sasl_local_domain = $mydomain
smtpd_sasl_security_options = noanonymous
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_auth_destination,permit_sasl_authenticated,reject
smtpd_relay_restrictions = permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,defer_unauth_destination
smtpd_use_tls = yes                               
smtpd_tls_cert_file = /etc/ssl/certs/fukudat.net.crt     # SSL Certificate
smtpd_tls_key_file = /etc/ssl/private/fukudat.net.key # SSL Private Key

これで fukudat.net と fukudat.com 両方のメールをさばく。この設定だと、ユーザーは共通になる(それが今回の目的なのでこれで良い)。

ユーザをちゃんと分けたい場合は、virtual domain の設定を頑張る。

同じディレクトリの master.cf を編集して以下のような変更を加える。

smtp      inet  n       -       y       -       -       smtpd # これで smtp port 25 が開く
submission inet n       -       y       -       -       smtpd # これで submission port 587 が開く
  -o syslog_name=postfix/submission
  -o smtpd_tls_security_level=encrypt
smtps     inet  n       -       y       -       -       smtpd # これで smtps port 465 が開く
  -o syslog_name=postfix/smtps
  -o smtpd_tls_wrappermode=yes
  -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
  -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

/etc/dovecot/conf.d ディレクトリの 10-master.conf を編集して、以下の変更を加える。

service auth {
...
  # Postfix smtp-auth
  unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
    mode = 0666
    user = postfix
    group = postfix
  }
...
}

同じディレクトリの 10-ssl.conf を編集して、以下の変更を加える。

ssl = yes
ssl_cert = </etc/ssl/certs/fukudat.net.crt
ssl_key = </etc/ssl/private/fukudat.net.key

同じディレクトリの 10-auth.conf を編集して、以下の変更を加える。

disable_plaintext_auth = no
auth_mechanisms = plain
!include auth-passwdfile.conf.ext

同じディレクトリの auth-passwdfile.conf.ext を編集して、以下の変更を加える。

passdb {
  driver = passwd-file
  args = /etc/dovecot/passwd
}

userdb {
  driver = passwd-file
  args = /etc/dovecot/passwd
}

doveadm /etc/dovecot/passwd ファイルは以下のようにして作る。

$ doveadm pw -s SHA512-CRYPT
Enter new password: <パスワードをタイプ>
Retype ew password: <もう一度パスワードをタイプ> 
{SHA512-CRYPT}$6$xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

と出るのでそれをコピーして、

fukudat:{SHA512-CRYPT}$6$xxxxxxxxxxxxxxxxxxx:1000:::/home/fukudat

ただしfukudatはユーザ名、1000はUID、/home/fukudatはホームアドレス。

転送設定

最後に、実際にメールを読むサーバーに転送する設定を、~/.forward に書く。

"| /home/fukudat/bin/mail-saver.pl"
xxxxxx@gmail.com

/home/fukudat/bin/mail-server.pl は標準入力から入力されるテキストをメールボックスファイルに追加していくスクリプト。例えば、こんな感じ。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use File::Basename;
my $mailfile = "$ENV{'HOME'}/mail/mbox";
binmode(STDIN,  ":utf8");
open(my $out, ">>:utf8", $mailfile) || die "$mailfile: $!";
while (<>) {
    print $out $_;
}
print $out "\n";
close($out);
1;

Commands

Mail queue のチェック 

$ mailq

Mail queue からの削除

$ sudo postsuper -d QUEUE_ID
$ sudo postsuper -d ALL             # 全削除

Mail queue の flush

$ sudo postfix flush

参考文献

脚注