差分

提供: fukudat.net
ナビゲーションに移動検索に移動
503 バイト除去 、 2020年5月24日 (日)
編集の要約なし
[http://www.blackcatsystems.com/GM/products/GM10GeigerCounter.html GM-10]は[http://www.blackcatsystems.com/ Black Cat Systems]が販売している[[wiki-ja:ガイガーミュラーカウンタ|ガイガーミュラーカウンタ]].[[Category:How-To]]
計測結果は60分ごとに[http://twitter.com/mita_rad Twitter bot]が呟き中.<strike>また[http://www.fukudat.com/gm10/realtime リアルタイムデータ]と[http://www.fukudat.com/gm10/history 履歴データ]それぞれをグラフとして[http://www.fukudat.net/gm10 公開中].</strike>
== オーダーから入手まで ==
=== デバイス ===
 
デバイスがttyUSB0になるかttyUSB1になるかはタイミング依存で,ブートするたびに変わってしまう可能性がある.
それでは不便なので,[[udev]]を使って固有の名前がアサインされるようにすべき.
=== ドライバのデーモン化 ===
 
* ディレクトリ /etc/gm4lin を作る.
* /etc/gm4lin/gm4lindを以下の内容で作る.必要に応じて変数定義や起動オプションを変更する.
数値はCPM (count per minute) なので,Sv/hに変換したい.Cs137でキャリブレーションされた値が http://www.blackcatsystems.com/GM/converting_CPM_mRhr.html にある.要するに CPM を 120 で割れば μSv/h になる.
<strike>直近の24時間分をgnuplotを使って時系列データなので、[http://www.fukudat.com/gm10/recent-graph.png グラフ化[Cacti]. Twitter botが呟くタイミングでperl scriptを使ってグラフ生成している. dojo toolkit を使って[http://www.fukudat.com/gm10/realtime/ リアルタイムグラフ]で Round Robin Database にしてグラフ化して [httphttps://www.fukudat.comnet/gm10/history/ 履歴グラフ公開]を作成.</strike>
== Twitter bot化 ==
[[PerlによるTwitter botの作り方]]に従って,<strike>30分ごとに放射線量を呟く に従って放射線量を呟く [http://twitter.com/#!/machida_rad twitter bot @machida_rad]を作成.</strike>
その後,管理人の引越しに伴い,[http://twitter.com/mita_rad @mita_rad]に移動.

案内メニュー