「Mac tips」の版間の差分

提供: fukudat.net
移動先: 案内検索
(DNS cache を flush)
(mDNSResponderの再起動)
 
81行目: 81行目:
  
 
== mDNSResponderの再起動 ==
 
== mDNSResponderの再起動 ==
時々、(host, nslookup, dig commandなどで) DNSは引ける のに、network command (ssh, ping, gitなど)で名前が解決できないことがある。
+
時々、(host, nslookup, digなどで)DNSは引ける のに、network command (ssh, ping, gitなど)で名前が解決できないことがある。
 
これは、これらの command は DNS を直に引きに行っているのではなく、mDNSResponder に問い合わせるから。
 
これは、これらの command は DNS を直に引きに行っているのではなく、mDNSResponder に問い合わせるから。
 
おかしくなったら、mDNSResponder を以下のコマンドで再起動。
 
おかしくなったら、mDNSResponder を以下のコマンドで再起動。

2019年8月17日 (土) 03:48時点における最新版

https://www.fukudat.com/wiki/ja/Mac_Tips から移行中

Mac OS X Tips... というか Linux/Windows ユーザからみた備忘録

起動時のキーコンビネーション

起動時に押すキー 説明
shift (⇧) セーフモードで起動します。
option (⌥) 起動時に Startup Manager を使って、ほかの起動ディスクの中から選択できます (ほかに起動ディスクがある場合)。Mac でファームウェアパスワードを使っている場合は、先にパスワードの入力画面が表示されます。
C Mac の有効なオペレーティングシステムを収録した CD、DVD、または USB メモリから起動します。または、上記の通りに Startup Manager を使います。
D Mac のモデルに応じて、内蔵の Apple Hardware Test または Apple Diagnostics ユーティリティから起動します。または、「option + D」キーを使って、インターネット経由でこれらのユーティリティから起動します。
N 互換性のある NetBoot サーバ (利用できる場合) から起動します。NetBoot サーバ上のデフォルトの起動イメージを使うには、代わりに「option + N」キーを押し続けます。
command + R 内蔵の macOS 復元システムから起動します。または、「option + command + R」キーまたは「shift + option + command + R」キーを使って、インターネット経由で macOS 復元から起動します。macOS 復元でインストールされる macOS のバージョンは、起動時に押したキーの組み合わせによって異なります。
option + command (⌘) + P + R NVRAM (または PRAM) をリセットします。 Mac でファームウェアパスワードを使っている場合は、このキーコンビネーションを使うと、代わりに Mac が macOS 復元から起動します。macOS 復元でファームウェアパスワードを無効にしてから再起動し、NVRAM をリセットしてください。
command + S シングルユーザモードで起動します。
T ターゲットディスクモードで起動します。
X 通常であれば Mac が macOS 以外の起動ディスク (Windows パーティションなど) から起動する状況下で、macOS 起動ディスクから起動します。または、上記の通りに Startup Manager を使います。
command + V verbose モードで起動します。
取り出し (⏏)、F12、マウスボタン、またはトラックパッドボタン リムーバブルメディア (光学式ディスクなど) を取り出します。

Key Bindings

  • 日本語入力切替 = Command + SPACE (on = Ctrl + Shift + J, off = Ctrl + Shift + ;)
  • DELETE (backspaceではなく) = fn + DELETE
  • Page UP/Down = fn + ↑ / fn + ↓

日本語入力中に文字種を指定

  • コントロール+J→ひらがな
  • コントロール+K→カタカナ
  • コントロール+ L →全角英数字
  • コントロール+;→半角カタカナ (英語キーボードでは打てないなぁ)
  • コントロール+:→半角英数字

Emacs でマーク (Ctrl-SPACE) が効かない

Emacs#set-mark-command参照

Samba Network Diskのマウント

  • FinderをCtrl-Clickして,サーバーへ接続 -> smb://user@host/path 形式で接続先を入力

Network Configuration Commands

  • DHCPの更新
$ sudo ipconfig set if DHCP

ただし,if は en0 などのinterface名

  • DNSの変更
$ sudo networksetup -setdnsservers service dns-address

ただし,service は 'Wi-Fi' or 'Thunderbolt Ethernet

  • Host名の変更

hostname コマンドを使う方法。

$ hostname
<古いホスト名>
$ sudo hostname <新しいホスト名>

MacOSの設定コマンドを使う方法。

$ sudo scutil --set LocalHostName <新しい名前>

GUIを使う方法。システム環境設定→共有→コンピュータ名→編集

mDNSResponderの再起動

時々、(host, nslookup, digなどで)DNSは引ける のに、network command (ssh, ping, gitなど)で名前が解決できないことがある。 これは、これらの command は DNS を直に引きに行っているのではなく、mDNSResponder に問い合わせるから。 おかしくなったら、mDNSResponder を以下のコマンドで再起動。

$ sudo dscacheutil -flushcache

自動的に起動するプログラム

Windows では「スタートアップ」フォルダにショートカット(リンク)を作ると,起動時にプログラムを動かすことができる. Mac では,ログイン項目 (login item) と呼ぶらしい.以下のように設定する[1]

  1. システム設定 -> ユーザとグループ
  2. 対象のユーザを選んで,ログイン項目を選択
  3. 「+」ボタンを押して,アプリケーションを追加する

普通のNASで TimeMachine

TimeMachineのバックアップ先をNASに設定 に従って設定.

  1. Disk Utility (Launcherから探して起動) を使って,ローカルディスクにマシン名_MACアドレス という名前のスパースバンドルディスクイメージを作成する.
  2. スパースディスクバンドル内にPartitionを1つ作り,TimeMachineと名付ける.
  3. MacでマウントできるNAS上に,スパースバンドルディスクイメージを移動する(アンマウントして,コピーして,削除する).
  4. NASにコピーした TimeMachine パーティションをマウントする(以下,マウントポイント = /Volumes/TimeMachine と仮定する).
  5. 以下の呪文を唱える.
$ sudo defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1
$ sudo tmutil setdestination /Volumes/TimeMachine

以上で,TimeMachineを開くと,NASがバックアップ先になっているんじゃないかな.

スクリーンショット

Command + Shift + 3
デスクトップ全体
Command + Shift + 4
範囲指定
Command + Shift + 4 + Space
マウスカーソルがカメラになるので,ウィンドウを選んで撮影

デュアルスクリーン

Command + F1
ミラーの on/off

Homebrew

http://brew.sh/index_ja.html に従ってインストール.

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

途中で Xcode のツールがいるとか言われたらインストールしておく.

bash-completion

$ brew install bash-completion

Sierraインストール後のアップデート

El CapitanからSierraにアップデートした後,Homebrew が動かなくなる.http://romth.hatenablog.com/entry/2016/01/11/132103 を参考に更新.

$ sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local
$ brew update
$ sudo chown root:wheel /usr/local

rsync で日本語ファイル名を使う

http://qiita.com/yl0g0ly/items/60190cd99790c5e0545d を参考にして設定する.

$ brew tap homebrew/dupes
$ brew install homebrew/dupes/rsync homebrew/dupes/libiconv

Xcode

コマンドラインツール

いろんな場面で必要となるので、まだならばxcodeのコマンドラインツールをインストールする。 Apple の https://developer.apple.com/download/more/ から、自分のOS versionにあった (普通は最新の) Command Line Tools for Xcode をゲットし、インストールする。

追加のヘッダーファイル

開発やビルドにはヘッダファイルが必要。例えば cpan で perl のパッケージをインストールするときにも必要だったりする。これは上記の Command Line Tools for Xcode に付属している(がインストールされていない)。

ディレクトリ /Library/Developer/CommandLineTools/Packages にある、macOS_SDK_headers_for_macOS_10.xx.pkg を実行して、インストーラーに従ってインストールする。

Emacs

Emacs 参照

XQuartz

Mac OS X で動く X Window Systemhttp://xquartz.macosforge.org/ からダウンロードしてインストール.

VNCサービスが死んだ時にコマンドラインから再起動

$ sudo /System/Library/CoreServices/RemoteManagement/ARDAgent.app/Contents/Resources/kickstart -activate -configure \
                -access -on -clientopts -setvnclegacy -vnclegacy yes -clientopts -restart -agent -privs -all

Python

Python 参照

Squid

Squid 参照

脚注