Fitpc2i

提供: fukudat.net

Ubuntu 16.04.5 LTS で稼働中18.04.2 LST に移行中。

メンテナンス

reboot時の作業

reboot後は必ず下記を実施すること。

$ start-ssh-agent
$ . ~/.ssh-agent.sh
$ ssh-add
... ssh id の passphrase を入力 ...

kernel upgrade時の作業

kernelがアップデートされた時は、以下のカーネルモジュールをrebuildする必要がある。

gm4lin

$ cd ~/src/gm4lin_1.2.15
$ make clean
$ make
$ sudo make install

usbrh

$ cd ~/src/usbrh
$ make clean
$ make
$ sudo make install

18.04.1 LTSにupgrade

dependency を clean-up するために、以下を実行。

$ sudo apt-get dist-upgrade

アップグレードのために、以下を実行。

$ sudo do-release-upgrade

ssh で接続していると、warning が出る。console を繋げるのは面倒なので、y を入力して先に進む。

Continue running under SSH?

This session appears to be running under ssh. It is not recommended
to perform a upgrade over ssh currently because in case of failure it
is harder to recover.

If you continue, an additional ssh daemon will be started at port
'1022'.

Continue [yN] y

進行中に fitpc2i で動いている dhcp server や DNS が止まるので、sshで接続している client の network が途切れる。 その時は client の network を manual で設定して、ssh で再接続する。port 22 が死んでいたら、port 1022 を試す。

ssh でログインできたら、途切れてしまった do-release-upgrade の処理は screen 上で動いているはずなので、以下のコマンドで再接続する。

$ sudo -s
# screen -list
There is a screen on:
	PID.ubuntu-release-upgrade-screen-window	(XX/XX/XXXX XX:XX:XX XX)	(Attached)
1 Socket in /run/screen/S-root.
# screen -d PID.ubuntu-release-upgrade-screen-window      # 途切れてしまった端末接続を detach 
# screen -r PID.ubuntu-release-upgrade-screen-window      # この端末に screen を attach

接続できたら指示に従って進め、最後に  reboot する。

Perl module の再インストール

perl のバージョンが上がるので、perl module の再インストールが必要。

$ sudo cpan DBI DBD::mysql JSON Sys::Syslog Time::Local File::Basename

稼働中のサービス