Colaboratory

提供: fukudat.net
移動先: 案内検索

ColaboratoryGoogleのリサーチプロジェクトで、機械学習の教育と研究を普及させるために作られた。 Jupyter notebookの環境で、事前の設定は必要なく、完全にクラウド上で動作する。

Welcomeページに主な使い方が書かれている。

起動

単に Colaboratoryのmain pageにアクセスし、Google accountでログインする。

Google Driveのマウント

Colaboratoryで以下を実行。

# installing packages
!apt-get install -y -qq software-properties-common python-software-properties module-init-tools >/dev/null 2>&1
!add-apt-repository -y ppa:alessandro-strada/ppa > /dev/null 2>&1
!apt-get update -qq 2>&1 > /dev/null
!apt-get -y install -qq google-drive-ocamlfuse fuse >/dev/null 2>&1

from google.colab import auth
auth.authenticate_user()

from oauth2client.client import GoogleCredentials
creds = GoogleCredentials.get_application_default()

# authenticating
import getpass
prompt = !google-drive-ocamlfuse -headless -id={creds.client_id} -secret={creds.client_secret} < /dev/null 2>&1 | grep URL
if prompt:
  print(prompt, end='')
  vcode = getpass.getpass()
  !echo {vcode} | google-drive-ocamlfuse -headless -id={creds.client_id} -secret={creds.client_secret} >/dev/null 2>&1

# mounting google drive
mount_point = "/content/drive" # @param { type: "string" }
!mkdir -p {mount_point}
!google-drive-ocamlfuse {mount_point}
!df -k /content/drive

ただし、mount_pointはGoogle Driveをマウントするマウントポイント (directory)。存在しなければ作成する。 directoryが空でないとエラーが出る。

ファイルのアップロード

Colaboratoryで以下を実行する。

# showing a upload dialog
from google.colab import files
uploaded = files.upload()

upload用のダイアログが現れるので、ファイルを指定する。